バイトの証明写真はカラコンで撮影していい?バレにくいカラコンの選び方もチェック

アルバイトの面接を受ける前には、必ず履歴書を出さなければなりません。オシャレに敏感な女性なら、この履歴書に使う証明写真は、「カラコンを使った姿で撮影したい」と思うのではないでしょうか?少しでも良い印象を与えられるよう、採用担当者には自信に溢れる、いつもの姿を見てほしいですよね。

ところが、カラコンを使って証明写真を撮りたい反面、「カラコンが原因で不採用になったら…」と不安も覚えます。証明写真を撮影する時に、カラコンを使っていても問題ないのでしょうか?

バイトの証明写真にカラコンはOK?

証明写真の撮影にカラコンをつけて臨むのは、「OK」とも「NG」とも言い切れません。なぜなら、カラコンをつけていることを気にしないという担当者もいれば、カラコンを理由に不採用にする担当者もいるためです。

最近は身だしなみの一環として、カラコンの採用をポジティブに捉える方が増えています。ファッション業界アパレル業界だと、“シーズンを意識してカラコンを使っているか”を重視することもあるそうです。

レンズのカラーやサイズによっては、そもそもカラコンを使っていることに気づかれないことから、カラコンの使用は採用・不採用に関係しないという考えもあります。

一方で、カラコンを使っていることを「非常識」と捉える方がいることも事実。そのような担当者だった場合、カラコンを使っていることが理由で不採用になってしまう可能性があることも覚えておきましょう。

「どうしても受かりたい!」と思うバイト先に提出する履歴書なら、カラコンを外した証明写真を使うのがベターです。

印象アップを狙ってカラコンを使うという選択肢も

カラコンを外した証明写真がベターというお話をしましたが、証明写真では“印象”が何より大切。カラコンを外すことで、自信のない印象を与えてしまっては逆効果です。「カラコンがないと自分に自信が持てない」という方は、カラコンをつけて写真撮影をしたほうが、印象アップを狙えるかもしれません。

ただし、使用するカラコンには注意が必要です。派手なカラーやデザインのカラコン、サイズの大きなカラコンは、あまり良い印象を与えません。瞳に馴染むブラック系、もしくはブラウン系のナチュラルカラコンを使いましょう。

同じナチュラルカラコンでも、淡いグレーやブルーなどのカラーは、瞳の色が分かりやすく薄くなります。ブラックやブラウンに比べてカラコンバレしやすいので、避けたほうが無難です。

ブラック系のカラコンなら、アンヴィ プラムブラックがオススメ。シンプルなブラックカラーであり、着色サイズも12.8mmと小さめなので、バレにくいカラコンとして多くの女性に愛用されています。バレにくいながらも、自然に瞳を印象づけてくれるレンズです。

ブラウン系のカラコンならWAVEワンデー UV RING plusナチュラルベールがオススメ。裸眼をさりげなく明るく彩ってくれるカラコンです。こちらも着色サイズは12.8mmと小さめ。なにより、普段使いしやすいデザインというところがポイントです。証明写真を撮る時だけではなく、学校に行く時や遊ぶ時にも使えます。

証明写真では、カラコンを使っているかどうかよりも、表情が明るいか、誠実そうか、真面目そうか、などの印象が重視されます。どんな姿が採用担当者に良い印象を与えられるのか、研究を重ねて証明写真の撮影に臨んでくださいね。

この記事で紹介した商品
アンヴィ(envie)はモデルでタレントの、梨花(りんか)がプロデュース・イメージモデルを担当している1dayカラコン。30代を中心とした、大人の女性に向けた商品展開を行っている。
アンヴィ プラムブラック
アンヴィ プラムブラック
この商品を今すぐ買う!
WAVEワンデー UV RING plusナチュラルベール
WAVEワンデー UV RING plusナチュラルベール
この商品を今すぐ買う!
この記事を書いた人
日向
名前:日向
年齢:27歳
パーソナルカラー(自己診断):イエベ春
コンタクト歴:7年
視力:近視
プロフィール
冒険しないタイプの27歳。 クリアレンズはずっと同じ商品を使っている。カラコンにも手を出し始めた。可愛いレンズが好きだが、明らかに見た目が変わるのが怖くて手が伸ばしづらい日々…。